2009年03月19日

誰の仕業じゃ〜!

せどりの達人のブログを見るなら『人気blogランキング』←ここを押すと行けますよ。



扉に書き込み発見!!

扉【本のタイトルを入れたり、章の始まりを表すページ。】





パッと見た時はサインかなって思うくらい大きな書き込み。

すでに発送時だったので、コメントを一応見てみる。

コメントに記載なし。

またかよー亀吉め〜!

こんな大きな書き込み見逃すなよ〜(−−♯)

って一瞬、思ったんだけど怒るのもバカバカしくなるような書き込みだった。



『2/20 古物商取扱免許 登録する!!』



起業の名が付く本だったわよ。




何を買い取りたいのか知らないけどさ〜

古物商を取ろうとしてる人間がBOOKOFFに持ち込むなよ〜

物に落書きするなよ〜

「起業」成功してるといいね。




おっ!今ちょうどリサイクルショップの車が通って行った^−^

取り扱う回収品は電気製品。

高く売れるんだろうねぇ〜

「お気軽に声を〜」

って…スピード早くて無理!!
posted by 亀吉の嫁デス。 at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

いろいろな「書き込み」があるものですね。

>古物商を取ろうとしてる人間がBOOKOFFに持ち込むなよ〜

これには笑ってしまいました。

ウチも以前、推理小説を販売したところ、購入者から「薄いエンピツ書きですが、作品途中に『こいつが真犯人』という書き込みが目立たないようにあり、読んでいくと、それが嘘で、『やっぱり騙されただろう』という書き込みが後にあります」とメールが来ました。
速攻、お詫びのメールと全額返金しましたが、イタズラとしては、ちょっと度が過ぎていますが、昔から古本にはあった手口だそうですので、そんなオリジナリティーに欠けるイタズラはしてもしかたがないのに…。
結果的にご購入者は、「ご参考までに返送します」と送ってきてくれましたが、パラパラと見ただけでは気づかない程度の書き込みが2箇所だけ。帯も付いているし、カバーもピカピカ。以来、推理小説を出品するときは神経質になっています。あまり、小説類は扱ってはいないのですけれど…。

学術書や参考書、ビジネス書などは、書き込みがあるかもしれないと思って検品しますが、小説類に書き込みがあるとは、思ってもいなかったものですから。

Posted by ヨシパパ at 2009年03月23日 11:18
こんにちわ♪

まさかの書き込みは、災難でしたね^^;

ウチでもたまにありますが、まさかって本の時は疑っちゃいますし、少しの書込みなら値引き交渉位で許してよって思っちゃう時もありますが…^−^;

以前に画像をUPしてもらう方法なども検討した事もありましたが、良く考えると捏造って事もありそうなので、意味が無い事に気が付きましたーー;

今は素直に返品に応じておりますが、返送料がどうにかならないかとお悩み中です。

Posted by 亀吉の嫁デス。 at 2009年03月23日 13:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。